申込方法を確認 所得証明はいるの?
申し込み方法に関する確認の最後は、所得証明に関する話です。レイクに申し込むためには、言うまでも無く、安定した収入があることが求められますが、収入を証明するものとして、例えば所得証明などの書類が必要なのか知っておくことも必要です。これについては、レイクでいくら申込をしたいかによって変わってきます。具体的に見てみましょう。
所得証明が必要になるか否かに基準は、レイクでは50万円と定めています。50万円以内の希望であれば、自己申告だけで大丈夫なので、収入を証明する書類は特に必要ありません。本人確認書類を提出すれば、きちんと受けつけてくれます。もし、それでも心配なのであれば、収入証明の書類を持参しても構いません。反対に、50万円を超える融資を希望する場合は、通常の本人確認書類に加えて、所得証明が必要になります。銀行のローンなどと違い、消費者金融のキャッシングは、比較的小口の融資がメインになるため、融資額が50万円を超える段階で高額の融資とみなされるのです。金額がそれなりに高いので、それ相応の収入や返済能力が問われるのです。現段階の収入はもちろんのこと、ここ最近数ヶ月の収入はどうだったのかも、判断材料の1つになります。現段階での収入だけで判断するのは、情報としては不十分であるため、このような方法を取っているのです。所得証明の書類を用意するのも、多少手間がかかることなので、もし50万円を超える融資を希望する際は、余裕をもって早めに用意しておく方が良いでしょう。

 

融資時間を確認 即日融資は可能!
これまでレイクの融資について見てきましたが、ここでは即日融資についてお話します。これまでに知ったことを振り返ってみると、レイクではスピード最優先で審査をしているため、審査結果が出るまでそこまで待つ必要がないことに気づきます。レイクでは、即日融資という形を取ることも可能なのです。その理由についてお話します。
まず、レイクでは、小口融資がメインで行われているからです。大口の融資になると、審査項目が更に多くなるため、どうしてもそれだけ時間がかかってしまいます。多忙な現代人からすれば、よほど日にち的に余裕がない限り、何日も待たされるのは、正直苦痛になってきます。その反面、レイクの場合は、多くても何十万円の融資で、必要な金額が10万円に満たないこともあります。これなら、審査項目を極端に多くせずに、公平な審査をすることができるのです。小口の融資は、基本的に返済期間はそこまで長くないので、どちらかと言うと、短い利用になるのです。金額が少なければ、比較的数ヶ月で完済できるのです。そうなると、収入や借り入れ件数や借り入れ金額などで問題がなければ、審査を通ることができるのです。審査項目の中で、極端に評価が悪い項目があると、融資自体も厳しくなってきますが、そうでない限り、融資を受けることのできる可能性が高いのです。レイクでは、小口の融資を多くのお客様にご利用いただいているので、とにかくスピードが伴わないといけないのです。